カントン包茎の手術は早い年齢がおすすめ?年齢によって価格に違いはあるのか

早めに包茎手術を受けることが良いカントン包茎

カントン包茎は、皮を剥くと締め付けられるタイプの包茎です。
通常時には簡単に皮を剥くことができるけれども、勃起したときに痛みが伴います。
さらに、無理やり剥いてしまえば亀頭の根元が締め付けられて来る、そのまま放置すると水膨れのように亀頭の下部分がドーナツ状に腫れることもあります。
そのため、カントン包茎は早めに包茎手術を受けることが良いといされます。
包皮口が狭く亀頭を露出させた際に、亀頭や陰茎が圧迫される状態をカントン包茎と呼び、包皮口が狭くて勃起時の陰茎の太さまで広がらないことが原因です。
恥垢が溜まりやすく、悪臭の原因にもなる性病や亀頭包皮炎などのリスクも高くなります。
カントン包茎の治療は、包皮口の皮膚を切開してこれを解除するための手術が行われます。
なお、カントン包茎の状態で無理して亀頭を露出させると包皮口が狭く、元に戻らなくなってしまうこともありますので早めの治療が大切です。

カントン包茎は年齢に関係なく同一価格?

カントン包茎は、思春期を迎えるころになると自覚する包茎ともいわれていますが、包茎治療の価格は症状により変わり、難易度が高いものほど価格が上昇するといいます。
カントン包茎も比較的難易度が高い包茎治療になりますが、真性包茎と比べると価格は抑えられているケースが多いようです。
また、年齢により若干の価格差はあるようですが、保険医を利用して治療を受けたときには健康保険が適用されるので費用負担は3割で済みます。
なお、カントン包茎に限ったことではありませんが、未成年者が包茎治療を受けるときには保護者の同意が必要です。
これは、包茎手術そのものが外科的な手術であり未成年者は保護者の同意がなければできない決まりになっています。
そのため、年齢が20代未満の男性は保護者の同意書を貰う、病院によっては保護者同伴でなければ治療ができないケースもありますので、事前にどのようにすべきかホームページなどで確認しておくと安心です。

まとめ

カントン包茎は、他の包茎の症状とは異なり亀頭の締め付けが強い状態です。
幼少期には締め付けなどの自覚はないのですが勃起するようになったり、男性器そのものが大きくなってくると締め付けを感じることが多く、痛みを伴うことも少なくありません。
なるべく早い段階で治療を受けるのが良いとされていますが、年齢による価格の差はなく未成年者が手術を受けるときには保護者の同意が必要です。
また、治療を行う病院を決めるときには、経験が豊富な専門医がいる病院を使うことが大切です。

カテゴリー: 手術の価格に関して タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。